マイナポイント決済サービスの選び方(電子マネー,Pay,クレカ)

2020年7月からマイナポイントの申込がスタートします

申込では利用する決済サービスを1つ選択します

申込対象は電子マネー・QRコード・クレジットカード・プリペイドカード・デビットカード等ですが、全ての決済サービスが利用できる訳ではありません

この記事では、決済サービスを選ぶポイントと注意点について解説しています。

選択できる決済サービス

選択できる決済サービスの一部です。

前払は、チャージが対象となります。

購入は、買い物などの支払いが対象です。

PayPayのように、前払いと購入を選べる決済サービスもあります

サービス種類利用方法ポイント付与
Suica電子マネー前払翌月
WAON電子マネー前払翌月
nanaco電子マネー前払3日後
PayPayQRコード前払
購入
同時
30日後
楽天ペイQRコード購入翌々月
メルペイQRコード購入翌日
楽天カードクレジットカード購入2万円到達
月の翌々月
イオンカードクレジットカード購入翌月

ポイント付与のタイミングは各決済事業者によって詳細なルールがありますが、上表ではおおよその簡単な表記としています。

詳細は各決済事業者のHP等でご確認ください。

現在選択できる決済サービス一覧は「マイナポイント事務局」HPから確認できます。

「マイナポイント事務局ホームページ」決済サービス一覧・リンク

決済サービスの選び方

マイナポイントで選択できる決済サービスは1つです。

決済サービスの変更はできないので慎重に選ぶ必要があります。

決済サービスによってマイナポイント付与の内容が異なるので注意が必要です

日常的に利用している

マイナポイントの付与率は25%で上限額が5,000円です

まずは、20,000円分使える決済サービスを選ぶことが大事です。

利用期間は2020年9月~2021年3月迄なので使いやすいとは思いますが、特定の店舗でしか使わない決済サービスを選択すると使いきれない可能性もあります。

また、決済サービスによっては付与されるポイントに有効期限があります

ポイントをもらうための買い物や、もらったポイントを使うための買い物はもったいないです。

期間内に20,000円分利用できる決済サービスでかつ受け取ったポイントも有効に利用できるサービスを選びましょう

マイナポイント対象になっていれば、日常的に利用している決済サービスを選択することをオススメします

付与ポイントの内容を確認

付与されるポイントの内容も決済サービスごとに異なります

付与されたポイントをそのまま残高として利用できるものや、ポイント交換が必要なものもあります

QRコードや電子マネーは残高として利用できるものが多いです

クレジットカードはポイント交換が必要なものが多いです

交換が必要なポイントは有効期限内に忘れずに交換しましょう

キャンペーン情報

マイナポイントの申込をするとキャンペーンポイントがもらえる決済サービスもあります。

自分が利用しやすい決済サービスがあればキャンペーンを行っているものから選んでみるのも良いかもしれません

マイナポイントは通常20,000円で25,000円分の利用ができます。

キャンペーンと合わせると20,000円で27,000円分の利用ができる決済サービス(例:WAON)もあります。

サービス対象期間条件内容
WAON2020年9月1日~
2021年3月31日
マイナポイント申込
+チャージ
チャージの10%
(上限2,000P)
ゆうちょPay2020年7月1日~
2021年3月31日
マイナポイント申込のみ1,500P付与
Suica2020年7月1日~
2021年3月31日
マイナポイント申込のみ1,000P付与
au Pay2020年9月1日~
2021年3月31日
マイナポイント申込
+チャージ
チャージの5%
(上限1,000P)
メルペイ2020年9月1日~
2021年3月31日
マイナポイント申込
+購入
購入の5%
(上限1,000P)

上表は一例であり、実施されているすべてのキャンペーン及び条件を表示している訳ではありません。

詳細は各決済事業者のHP等でご確認ください。

利用方法

決済サービスの利用方法には前払購入があります。

電子マネーやプリペイドカードは前払ですが、QRコードやクレジットカードは購入です。

PayPayやd払いのように、前払と購入を選べる決済サービスもあります

前払には最初に20,000円チャージしてしまえば上限を気にしなくて良いというメリットがあります。

購入には、付与ポイントを再利用すれば実質還元率が高くなるというメリットがあります。

どちらもメリット・デメリットがあるので、自分に合う利用方法を選んだほうが良いでしょう。

利用方法使い方例メリットデメリット
前払1度で20,000円チャージ利用するタイミングを
考える必要がない
まとまったお金が必要
購入付与ポイント再利用実質還元率が高くなる上限額の利用を
確認するのが面倒

マイナポイントの申込については前の記事で紹介しています

SNSボタンでシェア!